オンライン英会話を合計80時間利用した僕のオススメ5社

QQEnglishとスタディサプリの併用が効果的な理由を科学的に解説

こんにちは、管理人のTASUKUです!

スタディサプリEnglishがオンライン英会話のQQEnglishとサービス提携していることをご存知ですか?

実は、スタサプとQQEnglishを一緒に使用するとより高い学習効果が期待できます。そしてそれは科学的根拠にも基づいています。

この記事では、スタサプと一緒にQQEnglishを使うことで得られる効果や受講までの流れ、ポイントについて解説しています。

なお、この記事は僕自身が実際にスタサプとQQEnglishの両方を利用した上で執筆しているので、信憑性もあるかと思います。

2つのサービスの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

▼2回の無料体験+レッスン4回分のチケットがもらえる!▼
全員が国際資格所有の正社員!QQEnglishの公式サイトを覗き見 >>

QQEnglishとスタディサプリの組み合わせによる効果

これら2つのサービスを組み合わせることで高い学習効果が期待できる理由は、インプットとアウトプットの両方をバランスよく取り組めるからです。

  • インプット → 情報を目や耳から取り入れること。リーディング、リスニング、音読、シャドーイングetc。
  • アウトプット → 言葉や文字として表現すること。ライティング、スピーキング。

ピッツバーグ大学で言語学科教授を務めている白井恭弘さんの著書「英語はもっと科学的に学習しよう」(中経出版)によると、言語習得においては「大量のインプット+少量のアウトプット」が最も高い学習効果を期待できるそうです。

つまり、スタディサプリで新しいフレーズをインプットして、QQEnglishを使って定期的に英語をアウトプットする練習を行うことが、最も効率的だということになります。

インプット7:アウトプット3のバランスが大切

私たちは、自分が過去にインプットしたことしかアウトプットすることができません。

例えば、急に「ガワール語を話せ」と言われても、全く聞いたことがないので話せるはずがありません。つまり、インプットがゼロなら、何もアウトプットすることはできません。

反対に、インプットしかしない学習方法でも、英語は話せるようにならないと考えられています。

大切なのはこの2つのバランスです。最も理想的なのは、インプット7 : アウトプット3の比率だそうです。

隙間時間にスタサプのアプリで英語をインプットする。そして土日にはその週に学んだフレーズをQQEnglishを使ってアウトプットしてみる。

インプット7:アウトプット3の割合を意識しながらサイクルを回すことで、効率的に英語を身に付けることができます。

QQEnglishをスタディサプリ用テキストで受講する時の3つのポイント

僕が実際に受講してわかった、スタディサプリ用テキストでQQEnglishのレッスンを受ける際のポイントを3つ紹介します。

  1. アプリ学習の翌日以降にQQEnglishを受講する
  2. 回答後に話を膨らませてみる
  3. 話が盛り上がるならフリートークでも全然OK

ちなみにQQEnglishでスタディサプリ用テキストを使用する際は、以下のページからダウンロードができます。

参考 新日常英会話コース 英会話レッスン教材一覧スタディサプリENGLISH

①スタサプ学習の翌日以降にQQEnglishを受講する

スタディサプリで勉強した日に、QQEnglishでその日のうちにアウトプットするのはあまりオススメしません。

「覚えている内に使った方がいいじゃん!」と思うかもしれませんが、実は、まだ覚えている内に復習することは、記憶の定着に効果的ではありません。

メンタリストDaiGo氏は著書「科学的な英語勉強法」において、しっかりと知識を定着させるには、思い出そうとして努力するプロセスを通過しなければいけないと述べています。

中学や高校で、同じ英単語を何度も書くという勉強をしたことがあるかもしれません。あれは記憶に残っている内に復習してしまうので、あまり効果がないそうです。

スタサプで学習したら、あえて時間を置く。時間をあけた上で、翌日でも週末でもいいのでQQEnglishで復習&アウトプットをする。

こうすることで、頑張って思い出そうと脳が働くので、記憶への定着率がより高まります。

②回答後に話を膨らませてみる

テキストの内容に加え、自分なりに情報を追加するとよりよいスピーキング練習になります。

例えば、あなたが質問に対して「I’m off today. (私は今日休みなの。)」と回答するとします。このあとさらに続けて、「I’m going to visit my grandparents.(祖父母に会いに行く予定なの。)」や、「I’m going to watch a movie.(映画を観る予定なの)」というように一文付け足せるように頑張ってみてください。

そこから、先生との共通の趣味がみつかったり、映画の好みが似ていることが分かったりするかもしれません。そうやって少しずつお互いを知り、仲良くなることができれば、英会話がどんどん楽しくなっていきます。

そのため、レッスン前には軽く予習をして、補足情報や表現をあらかじめ準備しておくことをオススメします。

③話が盛り上がるならフリートークでも全然OK

スタディサプリ用テキストにこだわり続ける必要はありません。

QQEnglishにも良質な教材が用意されていますし、講師の先生とフリートークを楽しんでもいいでしょう。

大切なのはアウトプット、つまり自分の言いたいことを英語で表現する練習です。今日の出来事や週末の予定など、自分の意思を表現する練習ができるなら、テキストの使用にこだわり続ける必要はありません。

もしテキストの話題から派生して、映画や旅行の話で盛り上がったら、そのまま会話を広げたり、講師の先生に質問したりしてみてください。最初は日本語が混ざってしまっても大丈夫です。英語を話さなければ、と気負ってしまうと英会話は続きません。

最初は「日本語+ジェスチャー+英語」で強引に伝えるくらいのノリで全く問題ありません。徐々にテキストから離れて、フリートークで話ができるようになってきたら、かなりの実力が身についていますよ。

QQEnglishをスタディサプリ用テキストで受講するまでの流れ

スタディサプリ用テキストでQQEnglishのレッスンを受講するまでの流れは次の通りです。

  1. スタディサプリEnglishに登録する
  2. スタディサプリのレッスンを進める
  3. スタディサプリのテキストをダウンロード
  4. QQEnglishに登録する
  5. QQEnglishのレッスンを予約する
  6. QQEnglishのレッスンを受ける

①スタディサプリEnglishに登録する

まず、スタディサプリEnglishに登録をしましょう。

7日間の無料体験ができるので、無料でアプリを思う存分使ってみましょう。

②スタディサプリのレッスンを進める

QQEnglishでレッスンを受ける前に、先にスタサプを使って英会話の勉強を進めましょう。

ここで特に重要なのが、各レッスンに用意された「キーフレーズ」をしっかりと覚えることです。

このキーフレーズを覚えるだけで、いろいろな場面での英会話に応用することができます。

例えば「You’re ~. (あなたは〜です。)」というフレーズを覚えるだけで、「You’re cool. (君イケてるね!)」「You’re so stupid.(君バカだね)」のような表現が作れますよね。

こんな感じで、キーフレーズを意識して学習を進めていきましょう。

③QQEnglishに登録する

さて、次にQQEnglishに登録します。2回の無料体験レッスンが受けられます。

その後、もしサービスの利用を続けたい場合には、契約へと進みます。2回目の無料体験レッスンから24時間以内に契約すれば、4回分のレッスンチケットを受け取ることができます。

④QQEnglishのレッスンを予約する

さて、QQEnglishの登録が完了したら、次はレッスンを予約しましょう。

QQEnglishは24時間好きなタイミングでレッスンを受けることができます。

都合のいい時間帯や条件を指定し、使用したい教材を「スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース」に設定して講師を検索します。(ほとんどの講師がスタサプ教材に対応可能)

講師の自己紹介やレビューを参考にして、レッスンを予約しましょう。

⑤スタディサプリのテキストをダウンロード

QQEnglishのレッスンで使用するスタディサプリ用テキストをダウンロードしましょう。

以下のページにスタディサプリ用テキストが用意されているので、レッスン前にダウンロードしておきます。

参考 新日常英会話コース 英会話レッスン教材一覧スタディサプリENGLISH

⑥QQEnglishのレッスンを受ける

QQEnglishにログインし、予約時間の5分前を目処にトップページからclassroomに入室しましょう。

予約時間になると講師がログインし、レッスンがスタートします。初対面の講師であれば、まずはお互いの自己紹介から始めましょう。

講師はあなたが使用したい教材が分かっているので、指定した教材を元にレッスンを進めてくれます。

あなたは講師からの質問に対して、スタサプで学習したフレーズを使って回答します。

もし完全に忘れてしまっているようであれば、レッスンの前に5分だけでもいいのでフレーズを復習しておくようにしましょう。

まとめ

この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • インプット7 : アウトプット3のバランスが効果的
  • スタサプのテキストを無料ダウンロード後、QQEnglishを受講
  • スタサプで学習したことを忘れた頃にQQEnglishを受講するのがオススメ
  • 回答後に話を膨らませる努力をする
  • アウトプットができるならフリートークや別教材でもOK

テレビで野球観戦をしていてもメジャーリーガーにはなれません。それと同じで、英語が話せるようになるには、実際に英語を話す練習をする必要があります。

スタディサプリとQQEnglishを併用すれば、最短ルートで英語が話せるようになります。

スタサプでの英語学習を無駄にしないためにも、アウトプット、つまり英語を話す練習に取り組むことをオススメします。

QQEnglishは2回の無料体験レッスンが用意されているので、とりあえず試したい方はまずは無料でどうぞ。

▼2回の無料体験+レッスン4回分のチケットがもらえる!▼
QQEnglishの無料体験でレッスンを体験してみる >>
無料体験終了後に自動で有料会員に切り替わることはありません。
では、この記事が役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です