オンライン英会話を合計80時間利用した僕のオススメ5社

スタディサプリTOEICは何ヶ月やるべき?最適な期間について考察した

こんにちは、管理人のTASUKUです!

「スタサプTOEICを使いたいけど、どのくらいの期間勉強したらいいんだろう…」と考えたことってありませんか?

金銭的なコストは抑えたいんだけど、短期間でちゃんとスコアアップできるのか不安だったりしますよね。

そこでこの記事では、スタサプTOEICを何ヶ月使うのが適切なのかについて解説していきます。

TOEIC本番までのスケジュールを組みたい方はぜひ参考にしてください。

▼4/22まで最大6000円のキャッシュバックキャンペーン実施中▼
スタディサプリTOEICの公式サイトをチェック >>

スタディサプリTOEICをやる最適な期間は何ヶ月か

結論からお答えすると、僕が考える最適な期間は2ヶ月です。

これは科学的根拠に基づいています。

実は、語学学習に関しては、「コツコツ型より短期集中型の学習の方が効果が大きい」ことが研究によって明らかになっています。

詳しく解説していきます。

科学的には短期集中で勉強した方が効果が大きい

メンタリストDaiGOさんの著書「科学的に正しい英語勉強法」において、短期集中学習の効果について解説されています。

ケンブリッジ大学が語学と学習時間について行なった調査では、次の3つを比較し、どれが一番効果的かを調べています。

  • 普通のペースで行われる語学授業
  • 30日の短期で詰め込む集中型授業
  • 海外留学

結果、もっとも効果があったのは短期集中型の授業でした。言葉を流ちょうに発することだけに関しては、さすがに海外留学が一番効果的だったものの、その他の面では短期集中方の授業のほうが効果があったのです。

この調査からわかるのは、たとえば100時間の勉強時間があるなら、1日1時間ずつ100日勉強するより、1日5時間ずつ20日で仕上げた方が、言語学習に関しては成果が上がるということです。

語学は、短期集中がベスト。これが鉄則なのです。

引用 : メンタリストDaiGo著「科学的に正しい英語勉強法」(DHC)

流ちょうさ以外の面で短期集中型の授業の方が海外留学よりも効果を発揮したというのは、日本にいながら英語を勉強している人にとって希望になるのではないでしょうか。


このことから、僕はTOEIC対策に適な期間は3ヶ月間以内だと考えています。

4ヶ月以上になると短期とは言い難いですし、高いモチベーションをキープしながら集中的な学習を継続するには少々長すぎます。

もちろん、モチベーションを保ちつつ学習時間も確保できるならそれに越したことはありませんが、多くの方は2ヶ月前後が適切ではないでしょうか。

2ヶ月だと期限もそれほど遠くないので適度に焦りも生まれますし、仮に1日3時間というハードな学習時間を設定したとしても、2ヶ月くらいであればなんとか継続できそうですよね。

以上の理由で、僕は2ヶ月間という短期集中学習でTOEIC対策を行うことをオススメします。


科学的根拠に基づく正しい英語勉強法についてもっと知りたい方は、実際に読んでみることをオススメします。

当たり前に正しいと思っていた英語勉強法が、実は科学的には効果がなかったという風に、あなたのこれまでの常識が覆されますよ。

コツコツ勉強しても意味ないの?

短期集中的な学習が語学習得において効果的だからといって、コツコツ勉強しても意味がないというわけではありません。

語学は習得に長い期間を必要とするものですから、やはりコツコツ型をベースとして、TOEIC本番前の一定期間だけ集中的な学習を行うようにしましょう。

「英語でのコミュニケーション力アップ」を最終的な目標に掲げている方なら、TOEIC対策期間は1日3時間の学習時間を確保しますが、TOEICが終われば1日30分程度の時間で、コツコツ学習を進めていく様なイメージです。

コツコツ期間と短期集中期間をうまく組み合わせて、効率的に学習を進めていきましょう。

半年以上スタサプTOEICを利用し続けるのはどう?

半年〜1年などの比較的長い期間TOEIC対策をされている方を見かけますが、僕はあまりオススメしません。

理由は2つあります。

1つ目はこれまで説明してきた、「語学習得は短期集中の方が効果が大きい」という理由。

2つ目は、「TOEICでスコアアップしても英語が話せるようにはならないから」という理由です。

TOEICを趣味で受けているような資格マニアの方は話が別です。趣味を否定するつもりは全くないですし、それはそれでアリだと思います。

ただし、多くの人最終的なゴールは「英語でコミュニケーションが取れるようになる」ということだと思います。

TOEIC(L&R)では英語を話す能力をアップさせることはできませんから、いつまでもTOEICを受け続けるのは本来の目的と一致していません。

そのため、TOEICは目標スコアを設定して期間限定で対策し、達成したら会話メインの英語学習にシフトするのが賢い選択だと思います。

スタディサプリTOEIC利用者は何ヶ月で結果を出しているか

では、実際にスタサプTOEIC利用者はどのくらいの期間勉強しているのでしょうか。

他のユーザーのアプリ利用期間と結果についてTwitterで調査をしました。

すると、2ヶ月で成果を出しているユーザーが多く見受けられました。

2ヶ月で240点アップしたケース

2ヶ月で65点アップしたケース

1ヶ月で160点アップしたケース

2ヶ月でスコアアップされた方は、いずれも毎日スタサプTOEICを使って学習されていた様ですね。

毎日継続していると、学習が習慣化されて心理的な抵抗がなくなってきます。

早起き、読書、筋トレ、英語学習、どれも習慣化することを意識しましょう。

習慣化についてはこちらの動画が参考になります。

より詳しく習慣化について学びたい方は、こちらの2冊が参考になります。


いかがだったでしょうか。

スタディサプリTOEICを利用される方は2ヶ月前後を目安に短期集中的にTOEIC対策を行いましょう。

短期間であればモチベーションも保ちやすいですし、さらに利用料金も安く抑えられるので経済的ですよ。

では、この記事がTOEICのスコアアップを目指す方の参考になれば幸いです。

▼4/22まで最大6000円のキャッシュバックキャンペーン実施中▼
スタサプTOEICを7日間無料体験する >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です