オンライン英会話を合計80時間利用した僕のオススメ5社

英語学習に疲れた、挫折しそう…そんな時どうしたらいい?

こんにちは、管理人のTasukuです!

「英語学習に疲れた…。勉強に対するモチベーションも上がらない…。こういう時どうしたらいいの?」

こうした疑問にお答えしていきます。

この記事で解決できる疑問
  • 英語学習に疲れた時はどうしたらいいの?
  • 英語学習に疲れたら勉強方法を変えた方がいい?

僕はこれまで、1年間の海外留学をしたり、海外インターンシップなどに挑戦してきました。

現在はTOEIC905点(リスニング満点)を持っており、日常的な英語であれば支障なく話すことができます。

しかし、ずっと順調に英語学習を続けてきたわけではありません。

何度も英語に飽きたり、やる気を失くしたりしてきました。

そんな僕が、英語学習に疲れた時の対処法について解説します。

英語に対するモチベーションが出なくて悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

英語学習に疲れたら勉強方法を変える

もし、1つのことを毎日やるのは飽きるという方は、勉強方法をいくつか用意しておきましょう。

例えば、最近の僕は次のような方法で英語を勉強しています。

  • オンライン英会話
  • 英語アプリ
  • 英語ニュース

例えば、オンライン英会話を受けるのが面倒くさい日があったりします。

僕も人間なので、そういう日もあります。

そういう日は無理をせず、代わりにアプリでリスニングをするようにしています。

重要なのは、毎日同じことを繰り返すことではなく、英語学習を継続することです。

勉強法を複数用意しておけば、英語学習に対する飽きを防ぐことができるのでオススメです。

英語学習に疲れた時の対処法

では次に、英語学習に疲れた時の対処法をご紹介します。

  1. すぐやってみる
  2. 他の方法で英語を勉強してみる
  3. 思い切って休む

それぞれ詳しく解説していきますね。

すぐやってみる

僕が一番効果的だと感じているのが「とりあえずすぐやる」ということです。

やる気が出るのを待っていても、その行動を始めるまでやる気は出てきません。

「とりあえず5分だけやろう」と決め、タイマーをセットして取りかかってみてください。

思い切って始めてみると、意外と気分が乗ってくるものです。

他の方法で英語を勉強してみる

いつもと違う方法で英語を勉強してみるのもオススメです。

例えば、次のような方法を試してみてはいかがでしょう。

オンライン英会話

オンライン英会話に挑戦するのも、いつもと違った勉強ができて刺激になりますよ。

勉強した英語が相手に伝わることは、この上ない喜びにつながります。

または、全然英語が通じずに悔しい思いをするかもしれません。

それはそれで、「次はちゃんとコミュニケーションが取れるようにもっと勉強しよう!」という気持ちになるかもしれません。

いずれにしろ、参考書で勉強しているだけでは得られない経験ができるはずです。

オンライン英会話は多くの会社が無料体験レッスンを提供しています。

僕がオンライン英会話を実際に利用した感想も紹介しているので、もしよければ参考にしてください。

洋書を読んでみる

洋書を一冊選んで読んでみるというのもいいと思います。

Kindle Unlimitedなら月額980円で読み放題です。

Kindle Unlimitedの公式サイトをチェック

ですが、いきなり「Harry Potter」のような長い作品を読もうとすると挫折するので注意です。

最初はとりあえず洋書の絵本から始めましょう。

小説や絵本には、参考書とはまた違った表現が出てくるので勉強になりますよ。

英語の番組を観て楽しむ

次のような動画配信アプリを使って英語の動画を観るのもいいですよ。

  • NHK WORLD
  • Hulu
  • Netflix

ただし、海外ドラマで使われる英語はスピードも早く難しいので、中級者以上の方にオススメです。

内容やセリフを全部理解する必要はありません。

聞き取れる英語をいくつか覚えるだけでも十分です。

NHK WORLDについてはこちらの記事で紹介しているので、参考にしてください。

NHK WORLDで英語学習をする時のアプリの使い方を解説!バックグラウンド機能が聞き流しに便利

思い切って休む

時には思いきりも大切です。

どうしてもやる気が出ない時には、無理をせずに休みましょう。

ただし、「3日後に英語学習を再開する」という風に期限を決めておきましょう。

期限を決めないといつまでもダラダラ休むだけになってしまいます。

今まで英語学習を継続してきた方は、ここで勉強をやめてしまうのはもったいないです。

英語が話せるようになるのは学習を継続できた人だけです。

思いきって休みをとり、気分をリフレッシュできたらまた再開してみてください。

英語学習が疲れたと感じる原因を分析する

英語学習に疲れたと感じる場合、今後も同じ気分になる可能性は高いです。

やる気が出ない時は、やる気が出ない理由を探ることが大切です。

原因を探して、根本から問題を解決することが重要です。

目標を見失っている

特に社会人になって英会話を勉強している方などは、目標を見失うこともありますよね。

自分が英語を勉強している目的を明確にしましょう。

「英語が話せたらかっこいい」というモチベーションだけだと、英語学習を継続するのは難しいです。

自分は何を目指しているのか、目標と期限を設定して取り組んでみてください。

目標設定の方法については、こちらの本が参考になります。

効果が出ないで悩んでいる

何をするにも「質」と「量」のどちらを重視するのかが問題になります。

初心者の内は「量」を確保するだけでも大きな効果を得ることができます。

しかし、脱初心者を目指すのであれば、量だけではなく質も重視して勉強する必要があります。

質というのは、つまり正しい勉強法で英語を勉強するということです。

こちらの2冊を読むと、科学的に正しい英語勉強法について理解できます。

英語学習の効果が出ないで悩んでいる方は読んでみてはいかがでしょうか。

英語学習の習慣化を目指そう

毎回やる気に行動が左右されていては、英語学習を継続することは難しいです。

まずは英語学習を習慣化することを目指しましょう。

習慣化のコツは「心に負荷がかからないくらい小さなことから始める」ということです。

例えば、英語学習であれば「毎日単語を3個覚える」「毎日フレーズを1つ覚える」くらいのから始めましょう。

詳しいことはこちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

いつも挫折しがちな人が英語学習を習慣化するための7つのコツ

習慣化に関するオススメの本

習慣化にはテクニックがあります。

「よし、毎日やればいいんだな」で習慣化できるものでもありません。

習慣に関する本を1冊読んでおくと、行動を習慣化する成功率が高まりますよ。

こちらの2冊は習慣化について理解するのに最適なのでオススメです。

この記事のまとめ

誰でも英語学習を続けていれば、疲れたと感じることがあるはずです。

やる気が出るのを待っていても、それを始めるまでやる気は出てきません。

「5分だけやろう」と決めて始めてみると、意外と調子が出てきますよ。

毎日、自分のやる気を頼りにして英語学習をするのはよくありません。

英語学習を習慣化してしまえば、モチベーションに左右されずに毎日学習を継続できます。

小さなことをから始めて、英語学習を習慣化することを目指してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です